スポンサーリンク

Aimer Hall Tour 2022 “Walpurgisnacht”@福岡サンパレスホテル&ホール

スポンサーリンク
Aimer

一番書きたいことを始めに。自分はちっさいのからおっきいのまで200を超えるまでは数えてた程度には色んなライブやコンサートに行ってる人間だけど、Aimer(何回も出てくるんで敬称略)ほど「ファンが好き感」があふれている人はいない。歌からも感じるし、そのほかすべての言動から。ミュージシャンなんてものはファンが好きで当たり前だけど、Aimerが一番強く感じる。前回行ったときもそんな事書いてる。本編終わって舞台袖に履ける迄が長い(笑)。いやいい意味でね。名残惜しい感が凄い。なんかすべてがほんとにファンが好きなんだろーうなぁと感じさせる。来場している人へも、たぶんそうでない人へも。好意を持たれてるのが伝わるので、こっち迄嬉しくなるレベル。機会があれば是非ライブに行ってみてほしい。

こんな事を書いておきながら後半はちょっと批判的な話になるのは置いといて。この日は朝から部屋の掃除的な事をAimer垂れ流しでやってて、そのままイヤホンに切り替え聞きながらサンパレスへ。物販のおねーさんが非常にいい感じの接客をしてたこともあり、一生使う予定がなさそうなお洒落ポーチまで買ってしまった。一応マスクケースほしかったし。どっかで聞いた通り、透明で中が見えるのでこれはすごくいい。あれ?TシャツL買ったつもりがMだ。まぁ痩せろってことで。ライブの物販って結構事務的なことが多いけど、感じの良い人に当たると嬉しい。

席は2階の後ろの方。ライブのセトリは例によって覚える気ないのでコチラ

Aimer Hall Tour 2022 “Walpurgisnacht” ライブセットリスト・レポまとめ

と思ったけどこれ間違えてるよね?こういうの覚えるのホント苦手なんだけど、さすがにカタオモイはやったはず。全体的にアルバム「Walpurgis」の曲や雰囲気で、「残響散歌」「カタオモイ」「ONE」あたりで盛り上がっていく感じで。「残響散歌」はライブの方が凄くいい。客席のマナーもよく、コロナ下な事もあり客席から聞こえる音が手拍子か漏れた笑い声しかないのは非常に良い。拍手も綺麗。ネガティブなイメージが強いけど、今しか絶対に見れないライブであることも間違いない。やはりライブは生もの。

「蝶々結び」という曲を後世に残すために、教科書に残すなりなんなりするべきだと考える自分にとって聞けなかったのは素直に残念。最後の「RE:I AM」を歌う前に「決意を込めた歌」的なMCで歌いだしたので、そんな意味も含めてるのかなーと思ったけど、既に前回のツアーの時に日替わり曲で歌わない日もあった様で。てーかカタオモイ日替わり曲なのね。聞けて良かった。全体を通していいライブでした。また行きたい。

で。こっから好き勝手書いてます。今回のライブは良かったんだけど、正直最近メディアに露出しているAimerの歌い方はあまり好きではない。「残響散歌」やFIRST TAKEあたり。自分は自分が需要の中心にいない人間(少数派)という事を理解しているつもりなので、間違っているかもしれないんだけど、これどっちがいいと思うかちょっと聞き比べてほしい。具体的に。カタオモイ元VerとTHE FIRST TAKE Ver。

素直にぱっと聞いてどっちがいいと思うかと。「THE FIRST TAKE」の方がいいと思ったなら、自分とは感性が合わない。「FIRSTTAKE」だからじゃ?って話じゃない気がする。そもそもこのFIRSTTAKEって企画がどこまでFIRSTTAKEなのかは置いといて。こっからは完全に自分の感想なんだけど、最近の歌い方はもともと曲、歌の中にあったAimerの良さを、なんか無理やり抽出して強調しすぎてる感じがする。その良さってのは歌の中に自然に含まれるから良いのであって、それを強調するとバランスが崩れ、その結果リズムが微妙に崩れてる感じする。

元が良かったから気になるって話で、後しかなかったら気にならないかもしれない。でもたぶん後しかなかったら、Aimerに自分はここまで興味を持っていない。FIRSTTAKEがFIRSTTAKEであるならば、FIRSTTAKEの方がシンプルであるはずなのに、シンプルに聞こえるのは元Verな感じ。これは違うとは思うけど一応書いとくと、周りの意見を聞いてしまっている印象。クリエイターはそこそこ成功しているのなら、みんなが望むものを作るんではなく、クリエイター自身の独自性がみんな(ファン)の望むものではなかろうかと。

とはいえ「残響散歌」他、最近の曲がすこぶる好評だと思うので、やはり自分の感覚が間違っている可能性は否定できない。残響散歌のMV、ほんとにいい?あれなら鬼滅の映像の方が1000倍良いと思うんだけど。ここら辺も自分が基本的にMUSIC VIDEOってものがあんまり好きじゃないからかもしれない。一番好きなMVがいまだに東京事変の群青日和から更新されない。いつの話だ。

とまぁ色々好きなこと言ってますが、良いものは良いのでこれからにもやんわり期待。好きな曲ってのはあるけど、ずっと好きなアーティストってのはたぶんいない。贅沢。自分の好きなとこだけ食べて生きたい。

コメント