想像の5倍以上は楽しんだ北九州SF展!スト6には”あの要素が無い”とか気づけたこともあり、かなーり有意義な時間でした。

STREETFIGTHER 6

という事で行ってきました【ストリートファイター「俺より強いやつらの世界展」in北九州】。自分はスト6の試遊が17日に当たってたこともあり、17.18と軽く北九州旅行も兼ねて。この記事ではSF展&スト6試遊のみ取り扱って、旅の様子は無駄に長いこともあり別記事に。これからSF展行く人がいれば参考にもなれば。

会場に入る前に、通りすがりでQRコードのスタンプラリーみたないのがあったので参加。4か所のQRコードを読み取るんだけど(作った人が気を使ったのか)割と楽な位置に設置されていた。ログインとか全くなく、ほんとにQR4回読み取るだけでいいのが素晴らしい。下のカラーのポストカードが貰えます。ついでに来場者特典はケンでした。もひとつ近所の名所回るホントのスタンプラリーみたいなのはやらなかった。

会場でREDBULL配布されてました。ありがたい。ちな会場は飲食禁止。

早速、先日開催されたあきまん氏のライブドローイングでかかれたリュウがお迎え。かっこいい!

試遊の受付時間もあり、先にスト6試遊へ。触った感じの流れ~感想を。

福岡は4台の試遊台があって、1人10分4人ずつ進行していく感じで(増台するらしい)。ハードはPS5でコントローラーもPS5コン。机の上に4枚ぐらいの資料が置かれるけど、内容はゲームのシステムの簡単な説明。各キャラのコマンドリストはゲーム内で確認する感じ。予習していきましょう。9分経つと「残り1分なんで今の対戦で終了してください。」のアナウンスがあり終了と。

自分は新しいゲームのシステム試すのは難しそうだったので、”スト5での入力の感覚”がどの程度使えるのかなと。ほんとに9分間は昇竜拳の入力ばっかしてた。あ、正確に言うと昇竜の後こんなところでも前ステ入れてた。昇竜の入力の感じとしてはスト5の感覚とほぼ違和感なく、簡易入力なんかも使える感じで。何より素晴らしいのはほんとに”スト5での入力の感覚”の話で。実は自分はスト5ですら3か月以上起動すらしてなく、パッドで格ゲーやるのもたぶん4年ぶりぐらい。それなのにトレモでこすったアケコン昇竜の感覚だけで十分出せた。やっぱり反復なんだわ。まぁ前日予習しようかと思ったけど、頭痛がひどくてできなかったんだけど。

前ステップはスト5よりもっさりしてる感じ。もっさりっていっても前ステの全体フレームがスト5より多いかんじ?スト5のリュウの前ステ全体16Fだけど、スト5ザンギ(全体25F)ぐらいありそうな。弱昇竜あてたあとスト5だと前ステその場に+4(20-16)だよね?違ったっけ?まぁそんな感じと思うけど、スト6の方が有利はデカそう。前ステ2回入れて微不利(-4)とみた!(適当)

で、気づいたことってのは、スト6は必殺技を空振りしてもなんのゲージも溜まらない。ゲージを貯めるって要素がないのかなと。↓↓(PorK)で自己強化的な技があったりなかったりするみたいな。画面下のスーパーアーツケージはおそらく被ダメと与ダメだけで溜まる。しかも使い道はスーパーアーツのみ。ドライブゲージ周りが複雑なぶん、スーパーアーツゲージはかなりシンプル。ちなみに昇竜ついでに真昇竜出したかったけど、2ラウンドで全部終わったこともあり被ダメも少なくあんまゲージ溜まらず。何よりコマンド分らなかったし。スーパーアーツ3つあって、全部コマンド違うってのは今知った。ゲージの残量によって技変わるのかと思ってたけど使い分けできるのね。真空波動は出したような出さなかったような(覚えてない)ちな真昇竜拳はスーパーアーツ三本つかって真空波動コマンド(236236)でKだそうです。

9分のアナウンスがあった後は、ちょっと中足に波動仕込んでみたりとか。仕込みもスト5の感覚で結構できる。あとついでにどさくさで画面端のめくりがないのも体験できた。手前に落ちる。
昇竜ばっかしたせいで勝利数が多い。8勝も可能。

後ろ受け身ありそうだけど後ろ2回じゃ出ないのかな?他の人の映像で後ろ受け身してるシーン見かけたけど、後ろ2回じゃ出せなかった気がした。気のせいかも。

そんな感じでぼっち参加にしては、がっつり満喫できた10分間だった。ゆーてまだ発売まで半年以上あるから色々変わるんだろうけど。終わった後、そういえばこれ日本初試遊だったんだなと。2日目だけど。どんどん試遊できるといいね。トレモでもおもろそう。

福岡では試遊場所のすぐそばに物販が。個人的にはこのポストカードがお気に入り。ほんと「こういうのでいいんだよ」感。わかりやすい購入チョイス。


せっかく昇竜こすったから昇竜拳のマグカップでも買おうとおもったら、波動と竜巻はあるのに昇竜拳だけそもそもないんだと。

こういう系の絵柄が好きなわけです。

福岡は試遊会場とは別に展示場所が。よく皆さんが写真上げてるこのベガ様の奥は撮影禁止と。 
この奥の展示物もよかった。主にスト2までの各キャラごとの設定絵とか、ゲームとしての設定の原案とか。キャラがどうやって出来上がっていったか、絵に注釈が合ってわかりやすい。キャラを1から作るのって、ある程度基盤の設定が出来たらそっからキャラの方から動いて上手い事勝手に出来上がっていくような感覚がある気がするけど、そんな感覚が伝わってきた気がした。こだわりが凄いよね。春麗の前髪の生え際とか、キャミィの胸囲の話とかね。やっぱ女性キャラだからなのか、この2キャラの注釈内容多かった気がした。

全体の設定、世界観に関する内容も面白かった。印象的だったのは「スト2度」と「リュウはすべて(のキャラ)に対極」って内容。天下一武道会や悪を討つのはスト2度がないってのはすごくしっくりきた。ストリートファイトってのを基盤にしてる感じね。リュウは対極ってのはたとえばダルシムは人のために戦って、リュウは自分のために戦っている、みたいな。なお本田…細かいこだわり、設定って一見無駄なような気がするけど、こういうこだわりこそ大ヒットにつながると思っている。

そんな感じで正直そーんなに期待はしてなかったんだけど、行ってみたらクソ面白かったと言わざるを得ない。試遊も楽しかった。近くで開催の際は是非!

北九州の小旅行の様子はコチラです。よろしければ!

初手以外は我ながら完璧だった北九州小旅行!餃子!焼き鳥!串揚げ!うまい!うまい!!
ということでちょっと間が空きましたが、北九州小旅行の様子。 今回のメインの予定は北九州SF展で、17日(日)が試遊、18日(月)祝日だったんでまぁ1泊するかなーと動き出したのが16日。遅い。とりあえずホテルとっとくかーとホテルを探すも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました